遺品整理の注意点とは?

遺品整理を身内でやる場合の注意点

買取業者に査定

遺品整理を身内でする場合、故人をよく知ることでスムーズに整理ができるという事がメリットなのですが、中には故人を想い過ぎて、なかなか整理がつかないという様なケースもある。形見分けする物ではなく、故人が大事にしていた物だったりするとなかなか処分もしづらいものです。

最近では形見分けというのも余りしなくなってきているので、処分しなくてはならないという事も増えているでしょう。注意点としては、情が入る分、難しいこともありますが、ある程度は割り切って整理を進めていくしかありません。価値がわからず迷っているものは買取業者に査定に出してみるなどして見極めていきましょう。


その他、形見分けをする様な近しい親族については、事前に遺品整理をする日を知らせておくといいでしょう。勝手に整理したなどで揉めてしまうケースも多々ありますので、一言伝えてトラブルを避ける様にしましょう。

家族や身内が亡くなった後、残された遺族がしなくてはならないことは沢山あり、悲しみにくれるのも束の間、葬儀の手配や役所への手続、銀行などの手続きなど、急かされる様にこなしていかなくてはならない。

お通夜と葬儀が無事に済めば、ほっと一息つくことができますが、追々に故人の遺品整理を行っていかなくてはなりません。遺品整理は身内でやるもしくは専門の業者に依頼するという二つの方法がありますが、どちらの方法にしても注意点を押えて行うことを推奨する。

遺品整理業者に依頼した場合の注意点

遺品整理を専門業者に依頼する場合に注意することは、まずは何と言っても信頼できる業者に依頼するだ。基本的に作業を依頼した場合は立ち会いの元で行ってもらうことがベストですが、中には故人宅の鍵を渡して依頼するという人もいる。

遺品整理業者の注意点

遺品を無断で持ち出して売却してしまうという様なトラブルも発生しているので注意が必要で、遺品か不用品かという判断を業者に任せるべきではありません。処分してしまってから、あれは必要だったという事にならない様に、事前に遺品を自分でチェックして、必要であるものは持ち帰る、もしくはリストなどを作って業者に渡しておくなどすると後々面倒にならないだろう。


その他、遺品整理を依頼する際に、部屋の清掃やゴミの処分などを同時に依頼するケースもあると思いますが、ゴミの量がかなり多かったりすると、処分費がかなり高額になってしまう恐れがある。できる限り、ゴミは自分で処分した方が費用がかからずに済むので、不用品についてだけ先に片付けてしまうといいだろう。