遺品整理業者の選び方

遺品整理業者のサービス内容を把握しよう!

遺品整理を業者に依頼する際には、業者を選択するところから作業が始まっていると言っても過言ではないでしょう。 家族や親族みんなが安堵するような業者を選ぶには、どのような項目を考慮すれば良いのか?

遺品整理の業者は、数多くあります。多くはホームクリーニングやゴミ処理をしてくれる業者が、サービスのひとつとして遺品整理を執り行っている。新しい業界で、サービス内容や範囲は業者によりけりになっており、パンフレットだけではわかりにくい。信頼のおける遺品整理業者は、一般にヒアリングが丁寧であることが多い。

遺品整理業者の選び方

現場の状況について、どうして依頼をするのか、遺品整理、ホームクリーニングの目的など、こちらの要望を理解し、相談にのってくれる会社を選ぶことが大切である。また、掃除なども合わせて、どのような手順で遺品整理を行うのか、その際にはどのようなことに注意してやってくれるのか、説明してくれるところが安心でしょう。後になってお願いしたことが伝わっていないというようなことのないよう、相談しながら進めてくれる業者が良いのは言うまでもありません。


一般的な遺品整理と違い、特殊清掃の技術が必要になるケースもある。猫屋敷、ごみ屋敷、孤独死で時間が経って発見されるケースなど、身近に起こる可能性がゼロではありませんし、こうしたケースでは、清掃業者や専門店としての実績のある遺品整理業者は、頼もしい存在になります。

作業費用での選び方

見積もり書の確認

遺品整理を依頼する場合、一番気になるのは作業費用である。まずは見積り書の発行があるかどうか確認し、また、その内容がわかりやすく、不明な箇所がないかを確認しましょう。見積り書を依頼するということは、仕事の依頼とイコールであるとする業者もいますから、仮見積り書を出してくれるかどうかも注意して聞くことを推奨する。


休暇の日数の都合がつかない、遠くてひんぱんに出かけられないという理由で業者に依頼をする場合、立ち合いが必要かどうかは、選択肢の中でも重要になります。逆に立ち合いのもとで作業を進めてほしいという要望を持つ人もいるでしょう。立ち合いに関して、どのような決まりになっているのかは、必ず確認しておきます。

遺品整理業者に依頼後の注意点

遺品整理を業者に依頼して、最初に探して欲しい物、捨てて欲しくない物がある場合は、できるだけ立ち合いを希望するか、ひんぱんに電話連絡をもらって、確認・相談を行うことが必要になることも考えられる。ブランド品、宝石、貴金属、小判など判断に困る物が出てきたら、細かく連絡を取ることが可能か、問合せ先の窓口はどこかなども合わせて確認しておきましょう。