遺品の供養方法とは?

供養が必要な遺品とは?

遺品の供養

供養をする意味とは、その物に故人の想いが入っている、中には魂が宿っていると考える人もいると思いますが、それらの物を処分するにあたって、ありがとうございましたというお礼を捧げ、供養して浄火させることによって故人のいる天上へ還すことができると言われている。


実際、どの様な遺品が一般的に供養されるのかといえば、お仏壇、お位牌、神棚、お札、お人形、ぬいぐるみなど、魂や神様にまつわる様な物になります。その他、思い出の品や写真などの供養を希望する遺族もいるそうだ。どんな遺品の供養が必要不必要というのではなく、遺品整理をする遺族の方が決める事と考えていいでだろう。

遺品整理というのは、亡くなられた人の遺した様々な物品を身内などの近しい人であったり、専門の業者などに依頼することが可能で、遺品整業者に遺品整理を依頼した場合、処分する物を供養してから行ってくれるというサービスが提供されている。身内の方などが遺品整理をする場合も、お寺さんで人形供養をしたりなど遺品を供養してくれるところもあり、供養後お焚き上げをしてもらうことが可能だ。

遺品整理業者が行う供養の方法とは?

遺品整理業者に依頼した場合、どの様な供養をしてもらえるのだろうか?供養の方法としては、お焚き上げが一般的でしたが、環境問題を考慮して焼くことはあまりできなくなっていることから、撥遣法や酒水作法などで供養される事が増えている。

お寺で供養

供養をしてほしい遺品については、自分でもしくは業者に依頼して、供養してくれる寺院に運び入れます。供養については、遺品を慰霊するという日を定めてく様しているところがあり、その場合は、その日まで寺院にて預かってもらえる。


自分で遺品整理を行い、供養の方法がわからないという様な場合は業者に供養のみを依頼することも可能で、どこのお寺の住職に依頼するのかということは業者によって提携先が異なります。気になる場合は事前に確認をしてみるといいだろう。業者によってはホームページに詳細が記載されている場合もあるのチェックしておこう。