整理した遺品の行方はどこに?

遺品の行方はどこに?

遺品の行方

遺品整理を最近専門の業者に依頼するという人が増えており、また、遺品整理サービスを提供している業者も同時に増えている。遺品整理を第三者に依頼した場合、故人の遺品の行方はどうなっているのか?と思う人が多いでしょう。

基本的には、貴重品を遺品整理業者が直接独断で処分することはありません。ただし、悪質な業者に依頼した場合、勝手に売却するという様なトラブルも起きているので注意しよう。


遺品整理業者によっては遺品の行方について、いい加減な処理をする場合もあり、不法投棄などで問題にもなっているので、業者に依頼する際には正式なルートで遺品が処分されているかを確認してから依頼する様にしよう。

貴重品やその他遺品の行方

まず、一番重要な貴重品から紹介していく。現金、貴金属、美術品など高価な物に関しては依頼主のもとに渡します。依頼主は、その中でも不要な遺品があった場合、遺品整理業者もしくはその他の買取業者などに買取などをして処分することになる。

その他の遺品については、家具・家電・衣類・生活雑貨などは、遺族がそのまま必要なものは遺族の手元に、その他の物についてはそれぞれ定められた方法で処分することになる。そして、それ以外の物に関しては、できる限りリサイクルやリユースをしているという業者が多い様だ。

家電のリサイクル

家電については、リサイクルできる物に関しては買取してもらい、遺品整理の作業金額からその分差し引かれることになります。事前にある程度の片付けをし買取しておいても良いでしょう。まとめて買取に出せば、回収にも来てもらえるし高く買取してもらえることもあります。


衣類に関しても同様で、リサイクルできる物は古着として買取をしてもらう、その他、海外へ輸出されるなどでできるだけゴミとならない様に工夫されます。古紙、古布も再利用され、アルミやステンレスなどもそれぞれ分別され再利用されることになります。

また遺品整理業者は、形見分けする物・供養する物・資源ゴミとするもの、一般ゴミとするものに仕分けをする。供養する物というのは、お仏壇や位牌、神棚、人形などが該当し、遺品整理業者では合同供養を行っているところが多くあり、供養後、地域で定められたルールに基づき処分することになる。

資源ゴミとなるのは、家電、衣類、古紙、古布、生活雑貨などになりますが、これらは、各地域のリサイクルセンターや買取、その他買取できない場合には海外のボランティアに寄付するという様な場合もあるそうだ。